風俗では、無理にでも後悔しないようにする

風俗で楽しみたいと思うのは誰でも同じですが、必ず楽しめるというわけではありません。いったん、女の子と出会ってしまったら、別の女の子にかえることはまず不可能だからです。 この場合、後悔すると、最後まで楽しめないことになります。つまり、自分の好みではない女の子が来たとしても後悔してはいけないのです。 とはいえ、巨乳と聞いていたのに単に太っただけじゃないか、と思ってしまうこともあるでしょう。その場合でもとにかく後悔しないように考えるのです。例えばその子は、本当はもっと倍くらい太っていたのに自分のためにやせてきてくれたとか、接客が雑な女の子は、本当は自分のことを好きなのに、好きすぎて自分に冷たい態度をとっているだけなのだ、とか、声が可愛い子だったら、目を閉じてしてもらうのが好きなんだ、だとかなんとか言いながら、その子の良いところだけを味わえるようにしていくのです。とにかく、してもらいながら公開するというのが最悪で、そんなストレスを受けながらしてもらうくらいだったら、そのまま帰ってしまったほうがマシかもしれません。 もちろん、同じことの繰り返しになってはいけませんから、特に虚偽広告に近いことをしていたお店はしっかりと覚えて二度と利用しないことが肝心です。